看護師

視力回復の方法を試してみよう【健康な目を取り戻す】

目のツボを刺激しよう

医者と患者

肩の疲れを感じていると肩が凝ってしまうように、目も疲れると目が凝ってしまいます。目のツボを刺激することで気持ちいいという方は普段から目を酷使している可能性もあるので、適度に目を休ませるようにしてください。目を酷使し続けていると視力低下になる恐れもあるので、視力が低下したと感じたら日常生活を振り返ってみて改善をすることも大切です。普段から仕事でパソコンやアイパッドなどを使用している人は、普通の人よりも疲れやすい傾向にあるので注意が必要です。必要に応じて目薬やアイマスクなどを所持して、目の疲れを感じたときに使用するようにしていきましょう。また眼科では専用機器によってアイトレを行なうこともでき、このアイトレでは目の凝りをマッサージすることができます。目の凝りを刺激して目の疲れを軽減して視力回復の効果を促していきましょう。

また眼科では自分の視力をはかることもできるので、定期的に眼科を受診してどのくらいの視力なのかを知っておくことも重要です。1.0以下の人はメガネやコンタクトによる矯正機器が必要になることもあります。生活の仕方によっては短期間で一気に視力が低下してしまうこともあるので、そのときは眼科医と相談をして日常生活の改善をしなければなりません。眼科に限らずアイトレの専用機器はサロンなどでも受けることができるので、視力回復の一つの方法とし定期的に活用してみるのも良いでしょう。視力回復をしなければどんどん視力が低下していきます。視力低下は日常生活にも支障をきたしてしまうので、視力が低下していると感じたらすぐに視力回復の方法を実践してみてください。